いいたてっ子だよ!全員集合♪―福島県飯舘村再会プロジェクト―

福島第一原子力発電所の事故により全村避難した飯舘村の家族。小中学校に通う生徒の半数は、避難先で暮らしています。会いたかった友だちに会えるプロジェクト。

日本の原風景が残る豊かな農村、福島県飯舘村。今、この村に暮らす村民はいません。
福島第一原子力発電所の事故は、村民の暮らしを村外への避難生活というものに激変させてしまいました。多くの子どもたちは家族といっしょに県内外で避難生活をおくっています。飯舘村にあった3つの小学校は、現在、飯野町(飯野町役場には飯舘村役場が併設されている)に3校合同の仮設校舎を建てて、ほとんどの子どもたちが45分から1時間のバス通学をしています。このため放課後活動や土日祝日活動はなくなってしまい、保護者間の交流も激減してしまいました。
このままのバラバラの生活が放置されると飯舘村の次代の担う人材がいなくなってしまう。こうした声を受けて、クラブネッツでは定期的に家族が再会できる機会をつくっています。 もともとクラブネッツでは、震災直後から小学校の体育授業や学校行事に学生ボランティアスタッフを派遣してきました。子どもたちが大学生のお兄ちゃんお姉ちゃんといっしょに、めいいっぱい身体を動かして遊ぶ姿。そんな姿をバラバラになってしまった子どもといっしょに体験させてあげたい。そんな村民の声を受けてスタートさせたクラブネッツの被災地直接支援プロジェクトです。

第1回 平成25年12月22日(日)、23日(月)

    会場 ホテルリステル猪苗代

    報告書

第2回 平成26年7月24日(木)、25日(金)

    会場 国立磐梯青少年交流の家

    報告書

第3回 平成27年3月28日(土)、29日(日)

    会場 国立磐梯青少年交流の家

この事業は、公益財団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン、公益財団法人東日本大震災復興支援財団、独立行政法人国立青少年教育振興機構の助成金で実施しています。

プロジェクトレポート

子どもスポーツ支援プロジェクトの報告と御礼

未曾有の大震災から4年が経ちました。 想像をはるかに超えた甚大な被害は、被災地の人びとに大きな心の傷を残しまし […]

住宅不動産リーグは子どもスポーツ支援プロジェクトへ参加しています

 住宅不動産リーグは、シーズンを通して、東日本大震災で被災された方々を支援し、一日も早い復興を願い、募金活動にご協力をお願いしています。

NPO法人いーはとーぶスポーツクラブへの支援リポート(岩手県盛岡市)

この度は、多大なるご支援をいただきありがとうございました。 支援金を活用させていただき、ヘルメットとゲームベス […]

さめがわスポーツクラブへの支援リポート(福島県鮫川村)

NPO法人ただみコミュニティクラブが主催する「TADAMIスノー・スポーツ・フェティバル2014」に、日頃さめ […]

唐丹地区スポーツ文化コミュニティクラブの支援リポート(岩手県釜石市)

交流会の思い出 ぼくは、雫石の人たちとスキーをして交流をしてきました。 最初は、なれなくてすべっていてもバラン […]