子どもスポーツ支援プロジェクトの報告と御礼

2015.03.11

未曾有の大震災から4年が経ちました。

想像をはるかに超えた甚大な被害は、被災地の人びとに大きな心の傷を残しました。
目にした惨状は、いまだ癒されることのないつらい体験となっているはずです。
本法人では、被災した皆様一人ひとりの生活の復旧・復興を心より願い、スポーツを通して心の傷に少しでも、寄り添ってクラブの仲間が助け合っていくことを4年目にあらためて誓う次第です。

さて、本法人では、震災直後の6月1日から被災地の総合型地域スポーツクラブの子どもたちのスポーツ活動支援を目的とした「子どもスポーツ支援プロジェクト」を創設してまいりました。
このプロジェクトには、全国の総合型地域スポーツクラブはもちろん、数多くの団体や個人から支援金を届けていただき、本法人をつうじて被災3県の総合型地域スポーツクラブや子どもへの直接支援をしてまいりました。

ありがとうFC

本プロジェクトにご支援をいただきました皆様には、心より御礼を申し上げますとともに、平成27年3月11日時点において、支援金および配布金は、次のとおりの金額となりますことをここにご報告申し上げます。

◆支援金総額 8,214,702円

◆配布金総額 4,630,000円

◆今後予定している配布額 3,584,702円

これまでに支援配布をさせていただきました総合型地域スポーツクラブの支援リポートは、本法人のホームページに公開をしています。
総合型地域スポーツクラブの支援リポート
また、子どもたちからのありがとうメッセージも数多く届いております。本メールにはその一部を添付ファイルでご紹介をさせていただきました。
ありがとうメッセージ

現在では被災3県の総合型地域スポーツクラブの7名を「クラブネッツ子ども奨学生」として認定し、クラブの年会費の直接給付をさせていただいています。
深い悲しみを乗り越えて、支援していただいた全国の皆様に感謝しながら、日々クラブでスポーツができる喜びを感じ取ってくれているようです。

なお、子どもスポーツ支援プロジェクトの残額(今後予定している配布額)は、すべて被災3県と震災で被災県内外に避難している子どもたちの運動・スポーツ活動のために引き続き支援配布させていただきます。

最後になりますが、改めて本プロジェクトへのご理解とご協力を賜りましたこと、心より御礼申し上げますとともに、引き続き本法人の諸活動にご理解いただきますようお願いを申し上げます。

ありがとうございました。

平成27年3月11日

子どもスポーツ支援プロジェクト 3年目の報告

2014.06.2

2011年6月1日。
東日本大震災で被災した総合型クラブの子どもたちを支援しようと「子どもスポーツ支援プロジェクト」を立ち上げた日。この日からちょうど3年が経過しました。
全国の総合型クラブから集まった支援金は、7,173,721円。配布総額は4,180,000円。現在、子ども奨学金から総合型クラブの年会費を授与している子どもたちは6名です。

こやのエンジョイ感謝状

このたびクラブネッツでは、総合型クラブ9団体に対して、子どもスポーツ支援プロジェクトへの多大な貢献に対する感謝をこめて、感謝状を贈呈しました。
また、配布をしてもらった子どもたちからのメッセージもたくさん届いていますので、併せて、その一部をご紹介します。メッセージ①メッセージ②メッセージ③
これまでの子どもスポーツ支援プロジェクトに対する全国のスポーツ関係者の皆様に心より御礼申し上げますとともに、今後とも引き続き本プロジェクトへのご支援を賜りますようお願い申し上げます。
ありがとうございました!

2014年6月2日
認定NPO法人クラブネッツ
理事長 黒須 充